×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


借入一本化の方のオススメの業者のポイントを記述しました。

以前は、悪質業者や悪徳弁護士が「ローン一本化で返済を楽にしましょう」とすすめながら、実は高額な手数料を取ったり、さらに高い金利のローンを借りさせたりして、もっと深刻な債務を抱えてしまう人もいました。

ところが最近では、銀行と消費者金融が提携して金利15%〜18%のフリーローンを扱い始めました。
銀行は、現在の厳しいローン事情をある意味でチャンスをみています。
一流企業のサラリーマンでもこの不況下で、消費者金融などの高利なローンにはまって抜け出せない人が多くいます。そうした人に、借換ローンを提供することで、新規顧客を開拓しようとしているのです。
金利設定が低いので、ローン一本化すると毎月の返済はかなり楽になります。

例えばアイク社のスーパー300は年利12.88%〜20.88% 限度額は最高300万円まで、最長返済期間は7年間となっています。複数の借入先からローンを抱えている場合、このローンに借り換えると、かなりお得になります。同社の試算によると、例えば、A社のフリーローンで年利29.0%で80万円、B社のキャッシングを年利29.2%で50万円、C社のリボ払いを年利25%で30万円借りていて、ローン総額が160万円の場合、3年で返済すると、毎月の支払合計額は6万4126円になります。

これを、アイクスーパー300で仮に年率15%で計算すると、160万円の借入れをして7年で返済すると、毎月の返済額は3万874円になり、月々3万3252円も少なくすることができるのです。そして、借換前は3社から借りていたので毎月3回も返済日があったわけですが、それが1日だけになり、「返済日に遅れたらどうしよう」をいう心理的な負担も軽減されるのです。

ローンは、いくらまでなら借りても大丈夫でしょうか。消費者金融業界では、「月々の金利の支払額が月収(手取り)の2割を超えたら赤信号」といっています。例えば、月収30万円で、借入額総計200万円、金利だけで6万円以上になると、なんらかの対策を考えるべきでしょう。
自力でできる多重債務の解決方法の一つに「ローン一本化」があります。いま借りている高利のローンを一つにまとめて、低利のローンに借り
換えるのです。そうすれば、利息分の増えるスピードが落ちるので、返済総額も減らすことができます。

多重に債務を負うと、月に何回も返済日がやってきます。催促状が家や会社に何通も届くようになり、お金の工面でなにも手につかなくなり、その結果、失業したり、夫婦仲が悪くなったりすることもあります。
ローン一本化で返済日を1回にすれば、とりあえずそうした気苦労はしなくて済みます。

とにかく、いまある借金を減らすためには、より低利で借換をすることです。さらに、借入業者を1社に絞ることができれば、借入金額がふくらんでいても、リカバリーできるチャンスは大きくなります。早急に、借換えや借金一本化を行っている金融機関に審査を申し込み、借換えや一本化に応じてくれるか、あたりをつけることです。

その際、他社での借入金額などをごまかしてはいけません。金融機関と業者は「ウソが大嫌い」なのです。ごまかしたり、ウソをついてことが判明した時点で「融資お断り」となります。

アコム←1分振込み
10秒審査!1分振込み!とにかく早い!大手の中ではかなりの柔軟審査である。
24Hケータイで申込OK!
はじめてのアコム♪


クレディア←契約が楽です
他とちがい後日郵送の契約書のやりとりがなく楽。審査も甘い状態らしい
200万円★7.5%
クレディア プレミアム

↑↑ココクリック

OMC←信頼審査
確実審査です!
OMCカード フォーライフに
山本梓カード新登場

↑↑ココクリック


モビット←金利がお得
即効入金。初心者にもオススメ
モビット詳細案内
↑↑ココクリック


当サイト情報はあくまで参考であり状況により異なることをご理解下さい。